バイアクラ 個人輸入

日本人と欧米人の加齢に対する意識の違い

日本人の男性の多く特にサラリーマンは30代までが人生の最盛期となり40代になると途端中年男性扱いされ メタボリック・高血圧・動脈硬化が原因で起こる重篤な病気に蝕まれ女性より早くなくなるというパターンの男性が多いことに驚きます。

 

それに比べ、欧米の男性は加齢とともに幸福感がアップし、70代をピークに幸福感がMAXになるという傾向があります。
この相反する数字はもちろん万人にあてはまるわけではありません。

 

しかし、この数字から言えることは、日本人の男性は幸せと感じ下手であり、その大きな理由はストレス解消が下手だからだと考えられます。
何故なら、ストレスは男性ホルモンの減少に加速させるからです。
男性ホルモンが減ると鬱のような症状が出たり、集中力や活動的な気持ちが減退するからです。

 

LOH症候群が危険な理由

LOH症候群にかかった男性は、筋肉量の減少・脂肪量の増加(特に内臓脂肪)インスリン抵抗性の増加などがおこり、メタボになよりなりやすい体になってしまいます。
メタボが進行すると、高脂血症・高血圧・肥満・糖尿病という死の四重曹という重篤な病気になりやすい体になってしまします。
退職と同時に家から出るのが億劫になった人、ぼーとゴロゴロすることが多くなった方は、燃え尽き症候群の可能性もありますが、LOH症候群の可能性もありますので 病院で男性ホルモン値の検査をされることをおすすめします。