バイアクラ 個人輸入

日本人のED人口

あまり、友人間とかで話題にしにくいED。
どのくらいの人が実はそうなのでしょうか。

 

日本では約1130万人程度の男性がEDの悩みを抱えていると言われています。
男性の4分の1が罹患しているといえます。
ストレスとかも関係しているのでしょうが、結構な割合なのでびっくりですよね。

 

EDは決して生死にかかわる病気ではありませんが、性生活は夫婦やパートナー同士をお互いに強く結びつける絆のひとつですので
できれば治したいですよね。

 

 

誰にでも1度や2度勃起できなかった経験はあるものです

EDというとまれな病気と思ってしまうのは、なかなか他人に相談しないせいです。
何故なら男のプライドにかかわりますからね。

 

しかし、蓋をあけてみれば、新人社員〜上司まで、10代の学生〜20そこそこの現役大学生だって一度や二度は勃起できない経験をしているものなんです。

 

つまり、その時のシチュエーションやストレス、睡眠不足、疲労、持病の問題などで誰にでもおこりうる問題なのです。

 

ただ、それが、本人が悩むほど頻繁なのか?否か?
その頻繁と思う回数も本人の感覚よって異なり、悩むべき問題なのか否かもかわってくるのです。

 

 

精神病性ED

 

EDの原因は、精神的なものが問題の心因性EDと、身体が原因である器質性EDとあります。

 

そのなかで精神病性EDというのは名前の通りですが、うつ病だったり精神病(統合失調症など)が原因でなってしまうEDのことです。
抗うつ剤を使用していることも原因だと言われています。
抗うつ剤には性欲減退の効果があることが最近わかってきたのです。しかし、うつ病の治療中のときに抗うつ剤の服用を中止することはできないため、バイアグラ等のEDの治療薬を並行して服用する必要があります。
抗うつ剤とEDとの兼ね合いについては、かかりつけの精神科のお医者さんに相談するのがよいのかもしれませんね。

 

 

器質性ED

たとえば、これは意外だったのですが、生活習慣病が原因でのEDというのもあります。

 

勃起というのは、血液の流れが重要なのですが、糖尿病や高血圧、高脂血症などの生活習慣病は、血液循環を衰えさせる為に生活習慣病を持っているかたはEDが起こりやすくなります

 

また、正常な勃起をする為には、神経が重要な役割を担います。
性的刺激を受けた脳は、これらの神経を介して、その信号を陰茎に送ります。
そのため、いずれかの神経が障害を受けると、脳からの信号が陰茎まで伝わらず、EDの原因となります。

 

脳出血、脳腫瘍、脳外傷、パーキンソン病、アルツハイマー病などの疾患は、自律神経障害を起こすためEDの原因となります
また、手術後や外傷によるEDというのもあります。